自分の給料は自分で決める!西進開発の人事評価制度や福利厚生を紹介します


建設業界は、労働者の高齢化や人手不足が大きな問題となっています。この問題を解決するには、建設業の企業において福利厚生や働きやすさを充実させ、労働者が頑張った分だけ評価する取り組みが重要です。


今回は、神奈川県厚木市にある西進開発が導入している、人事評価や福利厚生などの制度を紹介します。




■建設業界の働き方の現状



建設業界では、他の業界で進んでいる完全週休2日制への移行が、大きく遅れています。2024年からの完全週休2日実施に向け、建設業界全体で動き出しているものの、給与面や天候の影響などを加味し、思いとどまっている会社も多いのです。


建設業界は、休みが少ないうえ残業も多く、労働時間の長時間化が問題となっています。さらに、年功序列の給与制度が残っていることや、他の業界よりも福利厚生が充実していないケースもあります。この状況から、多くの労働者が、働きやすい現場環境からは程遠いと感じています。


最低でも週休2日制の問題が解消されないと、現在よりもさらに従業員の高齢化が進み、若手が建設業から離れていってしまうでしょう。一企業の問題ではなく、建設業全体の問題として、形式だけではない働き方改革を進めていくことが重要だと、西進開発は考えています。


働き方を優先した企業選びをする際、福利厚生が充実していて、さらに有給休暇取得率の高さは重要なポイントです。事前に必ず確認しましょう。




■西進開発では年功序列ではない人事評価制度を採用しています



西進開発の人事評価制度は、他の建設業で多く見られるような年功序列ではありません。弊社では、採用コンサルタントを契約しており、コンサルタントと一緒に評価制度を作成し、2015年から運用しています。


個人で設定した目標の達成率によって、職位等級が決まるシステムを採用しており、働いた分はきちんと評価されることになっています。「自分の給与は自分で決める」の考え方を基に、上司や先輩の一方的な評価に左右されないスタイルとし、自由でやりがいを持ってもらうことが目的です。


基本給部分は、1等級一般から5等級部長まであり、職位は1位から40位まで設定されています。昇給を決定する基となるのは、半期毎に提出してもらうレポートです。自分の目標設定に対しレポートを記入し、定量と定性を半々で考査しています。このため、成果だけによる昇給にならないよう配慮しています。


・詳しくは下記ページをご覧ください

》採用情報


》募集要項


求人の詳細についてわからないことがあれば、お気軽にお問い合わせください。また、作業員の募集は「indeed」、現場管理の募集は「エン転職」
をはじめとする各求人媒体も掲載していますのでそちらをご覧ください。




■頑張ればしっかり還元する環境


年功序列ではない人事評価制度をはじめとして、頑張った分は給与面などで従業員へ還元しています。この制度で、仕事に対してやりがいや達成感を得られる職場環境が自慢です。


従業員一人ひとりが、仕事に対して強く責任感を持ち、日々の業務にあたっています。西進開発では、業務効率化に取り組んでおり、直行直帰できるようチャットでの報告や、モバイルパソコンの支給。さらにオンライン勤怠管理を導入しており、テレワークも可能としています

仕事には厳しく向き合う反面、従業員全員で協力して努力したおかげで、海外研修旅行も実現できました。海外研修旅行は、任意参加ではありますが、多くの従業員が参加しています。


常に目標を持ち続けることで、新たな気持ちで仕事に励んでいます。従業員の頑張りを、弊社は決して見逃しません。




■評価制度以外にも福利厚生が充実



弊社は、一般的な福利厚生に加え、家族手当など、手当の種類が豊富です。日々、安心して働ける環境の構築を進めています。


・社会保険完備はもちろん、民間の上乗せ労災にも加入しています

・各種手当が充実しています(役職手当、資格手当、住居手当、家族手当、残業手当)

・賞与は年3回支給します(1~2か月分×2回+決算賞与)

・2年に1度海外研修旅行を実施しています

・遠方の従業員には、寮制度があります。(25,000円/月で水道光熱費込み)

・ベネフィットステーションに契約していますので、割引価格で幅広いジャンルの施設が利用できます

・交通費を支給します

・必要な作業着や道具は全て会社負担で貸与します。入社時に負担いただくことはありませんので、安心して仕事を始められます

・施工管理の仕事では、初めから車両貸与と燃料費・ETCカードの支給がありますので、ご自身の住居地から直接現場へ向かうことができます


長く働くためには、会社側が制度をきちんと整備しなくてはなりません。建設業は、以前は3Kと呼ばれる仕事でしたが、現代におけるストレス社会の中でストレスを抱えたまま仕事をしていては、長く働くことはできません。弊社は、建設業のホワイト企業と呼ばれるよう、これからもさらに福利厚生を充実させていく考えです。




■西進開発では積極的に新卒採用を行っています



西進開発では、公共土木工事の施工管理職を募集しています。平均年齢が58歳である建設業界では珍しく、弊社の従業員の平均年齢は38歳です。若い従業員も多数活躍しており、現場は活気にあふれています。


直近数年は、毎年新卒社員を2名ほど採用しており、さらに高卒も数名おります。新卒でも安心の研修体制を整えているため、業務知識をしっかり学ぶことができます。仕事に取り組みやすいよう、内定者と新卒社員の懇親会、夏季インターンシップ、内定者合宿など、手厚いフォローを行っております。また入社後も採用コンサルとの面談やモチベーションアップ研修など行っておりますので、分からないことがあればどんどん尋ねてください。


2023年卒業者も、内定者が2人おります。2022年5月から内定者フォローを始めておりますが、出身地が遠方であるため、zoomでの顔合わせから始めました。7月には、2022年卒の新入社員も参加し、ワークショップやBBQを通じて顔合わせと懇親会を実施しました。


11月には内定者合宿も行い、西進開発がどのような企業であるか理解を深めたり、西進開発に求めたいことを提示したりしました。この時の様子は、会社の公式Twitterでも紹介しており、会社の雰囲気を分かりやすく伝えています。4月の入社後は、それぞれの持ち味を活かして現場で活躍してくれることを期待しています。


新卒以外にも、求人は随時募集中です。未経験者の方も、丁寧に仕事を教えますので、興味のある方はお気軽にご連絡ください。弊社には、資格を取得した熟練スタッフが多数在籍しているので、OJTへの取り組みにも力を入れています。入社してからしばらくの間は、先輩社員に同行し現場で作業しますので、少しずつ仕事を覚えていってください。経験者ももちろん大歓迎です。作業員や施工管理の経験、1級、2級土木施工管理技士をお持ちの方は、能力に応じてしっかりと優遇させていただきます。


■まとめ



西進開発は、自分の頑張りが給与に反映され、仕事に対して大きなやりがいを持てる会社です。年功序列はなく、仕事に必要な資格を取得すれば飛び級も可能です。


未経験者の方でも、向上心が強く元気とやる気を持っている方であれば大歓迎です。先輩社員の指導により、一人前の管理者を目指していきましょう。経験者の方は、ご自身の能力に応じてしっかり優遇しますので、今まで培ったスキルをぜひ発揮してください。


弊社が携わっている公共土木工事や民間外構工事は、人々が安全な暮らしを営む支えになるものであり、過ごしやすい街づくりに欠かせない仕事です。仕事の生産性を向上させるために、DX化推進を始め、さまざまなシステムを導入しています。


ぜひ西進開発へ入社し、建設業界の明るい未来を目指して一緒に働いていきませんか。前向きなあなたからのご応募・お問い合わせをお待ちしています。