神奈川県で土木工事・舗装工事・民間建築外構のことなら西進開発にお任せください。

046-205-5403
メールでのお問い合わせ

西進開発ブログ

カテゴリー

  • バナー1
  • バナー2
  • バナー3
  • バナー4

QRコード

現場パトロール 北品川再開発

GWもすでに終わってしまいましたが・・

土木・舗装業界はなんとなく一服する時期になってしまいましたね。

 

そんな中、当社でのメイン工事である、大崎駅の裏側の再開発が佳境を迎え、連休前にメイン通路の舗装を施工しました。

その時に現場パトロールに行って来ました。

アスファルトフィニッシャーを2台並列に並べて施工しています。

施工幅が広いので転圧も2台で行います。

広いので光量不足で申し訳ありません・・

出来栄えも綺麗に出来たと思います。

ひとつだけ、マンホールが設備屋さんが調整されたのですが、けっこう高さにバラツキが有ったので、その辺りに段差が生じていたと感じました。設備屋さんへの批判では有りませんが。

最近の傾向として、当社では発注元や元請企業様に後からのマンホール調整をご提案しています。

エポ工法とかパラボラ工法とか呼びますが。

これは、舗装完了後にマンホールの位置を円形に切断し、舗装に合わせ調整後、樹脂コンクリートで周りを充填して完了です。

費用がかかるのがネックですが、基層段階での交通解放時にも仮蓋で埋めてしまいますので、事故も苦情も有りませんし、表層施工後に施工するのですから、高さを合わせるのが容易で段差も出来なく、仕上がりも美しいです。

実際にに都内では、かなりご提案し採用されています。

6月には横浜市でも当社施工の現場で提案し、まだ内諾の段階ですが、このご提案が受け入れられそうです。

その際にはまたレポートさせて頂きたいと思っています。

 

話は戻りますが、この北品川はほぼ半年。担当者からはいろんな事が有ったと聞かされています。

本当に頭が下がる思いです。

しかし、これで当社も少し成長できたかな、とも思っています。今後も大小に係わらずですが、我々の記憶に残る様な施工をしていきたいと思います。

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ